年金だけでは足りない!?老後の生活費を増やす方法と年金についての豆知識

年金だけでは足りない!?老後の生活費を増やす方法と年金についての豆知識

個人事業主や無職の方、あるいはバイトやパートタイマーなどを通じて短時間労働を営んでいる人は、国民年金保険へと加入することになります。

そして、国民年金保険加入のみでは将来において支給されるのは老齢基礎年金だけになります。

かりに受給額の満額を貰えたとしても、それのみで老後に生活するのは簡単ではないです。

また、国民年金などの詳細は学校などでは教えてくれませんので、よく分からないという方も多いと思います。

そこで老後の生活を少しでも楽にする為の情報や学校では教えてくれない年金についての情報をまとめました。

国民年金についてよく分からない老後の生活が不安という方は是非、ご覧ください。

老後の収入額を増加させる手段について

老後の収入額を増加させる手段について

年金を増加させる方法として複数の方法があります。

ただし、年齢や職業によって方法は変わってくるので分けて紹介しますね。

まずは職種など関係なく加入できて節税効果もある個人型確定拠出年金のiDeCo(イデコ)を紹介します。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)とは?

IDeCoとは20歳以上60歳未満で国民年金を払っている方なら誰でも加入できる私的年金制度です。

毎月、自分で決めた金額を掛金として定期預金や投資信託に運用することができます。

掛金の金額は5000円からと少額から可能で1000円単位で設定することができ、60歳以上から運用した資産を受け取る事が可能です。

またこの掛金は所得控除が認められているため節税対策にもなりますから大きなメリットと言えるでしょう。

国民年金基金

自営業やフリーランスで働く国民年金の第1号被保険者は第2号被保険者(会社員等)と違い厚生年金に加入できません。

その為、第1号被保険者と第2号被保険では貰える年金に大きな差が出ていました。

その差をなくすために出来たのが国民年金基金です。

加入条件は第1号被保険者であり20歳以上60歳未満、国民年金を払っている事です。

こちらもiDeCoと同じで掛金は全額所得控除になります。

上記2つはどちらも老後の生活の手助けになりますが国民年金を免除(一部免除・学生納付特例・納付猶予を含む)を受けている方は利用できません。

国民年金を免除してもらった事がある方は参考にこちらをどうぞ。

免除された年金によって変わる受取額はいくらになるの?

しかし厚生労働省が発表した国民年金の納付率は平成29年度(2017年4月分〜2018年3月分)で66.3%と30%以上の方が国民年金を払えていない事になります。

国民年金を免除を受けている方は別ですが国民年金の支払いは国民の義務の為、払わない事は違法行為です。

国民年金をずっと払わないでいると大変な事になってしまいますよ。

年金の免除などを受けてる場合は上で説明した通りiDeCoも国民年金基金も利用できません。

そんな方たちでも収入を増やす方法はあります。

それはシルバー人材センターの利用です。

シルバー人材センターを活用して収入を得る!

シルバー人材センターとは簡単に言うと高齢者に仕事を紹介する組織です。

60歳以上の健康の方なら誰でも利用可能となっています。

シルバー人材センターで働く方たちの収入は全国平均で月8~10日就業した場合、月額3~5万円程度で年金を受け取りながらもでも仕事が可能です。

シルバー人材センターの活用と貯蓄がある程度ある方は年金の受け取り遅らせるる事をおススメします。

年金は受け取る年齢を遅らせるとお得

基本的に年金の受け取りは65歳からですが受け取りを遅らせるとで1ヵ月ごとに0.7%ずつ増額される仕組みです。

その為、70歳まで受け取りを遅らせれば42%も増額されます。

逆に年金の受け取りを早めると1ヵ月ごとに0.5%ずつ減額されてしまいますので気を付けなくてはいけません。

上記では老後の収入を増やす為の情報を紹介しましたが下記からは国民年金の意外と知られていない情報をまとめました。

国民年金の支払い方法はいくつもある?

国民年金の支払い方法はいくつもある?

一般的に国民年金の支払い方法は口座振替や納付書での支払いです。

ですが実はあまり知られてかいませんが他にも支払い方法はあります。

  • ペイジー
  • nanacoカード
  • クレジットカード払い

この3つの方法です。

1つずつ説明しますのであなたに向いていると思った方法で払ってみてはいかがでしょうか?

ペイジー

ペイジーとは自宅に届い納付書に書いている番号をATMやネットバンクに入力して支払う事が出来るサービスです。

面倒な会員登録などはありません。

ネットバンクを持っている方は携帯やパソコンさえあれば何処にいても支払う事ができます。

コンビニや金融機関に大金を持って出かけたくないという方にも有効な手段と言えるでしょう。

nanacoカード

nanacoカードは現金をチャージしておけばレジにかざすだけで買物や支払いが出来るカードです。

セブンイレブンやイトーヨーカドーでのよく利用されていますが最近では吉野家やサンドラッグなどでも使えるようになりますます便利になってきています。

そんな便利なnanacoカードは現金をチャージしておけば国民年金の支払いが可能です。

また、nanacoカードはクレジットカードチャージが可能でその分はポイントも貯まるのでお得に利用ができます。

そこで私がおススメしているのはファミマTカードを使ってnanacoにチャージすることです。

詳しい情報はコチラに載っています。

お得か否か?nanacoやファミマTカードでの年金支払い

気になる方は参考にどうぞご覧ください。

クレジットカード払い

コンビニなどで納付書を持っていき支払うとなるとクレジットカードは使えません。

その為、クレジットカードで年金は払えないと思っている方が多いですがある手続きをすればクレジットカードでの年金払いは可能です。

クレジットカードで年金を支払えばその払った分のポイントやマイルが貯まりますし、支払いの方法次第では年金自体の割引されることも。

クレジットカードで国民年金を支払うには『クレジットカード納付申出書・クレジットカード納付変更書』が必要になります。

こちらは日本年金機構の公式ホームページよりダウンロードが可能になっています。

こちらの用紙をダウンロードしてもらい、年金窓口へ提出・申請することでクレジットカードでの年金の支払いを行う事が可能になります。

ただし手続きには約1ヶ月ほどかかってしまうので急いでいる時などは使えません。

他にもクレジットカードでの年金の支払いには

  • 支払いは1回のみ
  • 情報変更には手続きが必要
  • 利用限度額を超えていると支払いできない

などのデメリットもあります。

もっと詳しく知りたい方はデメリットあり!クレジットカードでの年金支払いをご覧ください。

国民年金の受け取り方

国民年金の受け取り方

国民年金の支払い方は様々な方法があり、どの方法でもきちんと10年以上継続して年金を支払えば老齢年金を受取る事が可能です。

しかし65歳になったからといって年金が貰えるわけではありません。

年金を受取るには年金の請求手続きをする必要があります。

老齢年金を受取れる年齢になる3か月前に日本年金機構から年金の請求書が届きます。

3か月の間に年金を受取るための必要な書類等を用意しておきましょう。

年金を受給できる年齢になったら請求書と書類等を提出すれば年金を受取る事ができます。

年金の受取に絶対に必要なもの

年金の種類によって必要な書類等は変わってきますが今回はどの種類の年金を受取る方でも必要な書類等を紹介します。

しっかりと確認して用意しましょう。

  1. 自分の生年月日を確認できるもの
  2. 年金の受取先である銀行の通帳(本人名義)
  3. 印鑑
  4. 年金手帳

銀行の手帳や印鑑などは分かりやすく用意しやすいと思いますが1つ目の生年月日を確認できる書類は何を持って行っていいか分からない方も多いとおもいます。

また4つ目の年金手帳を紛失してしまったという方も多くいるようです。

ですが年金手帳は再発行が可能となっています。

年金手帳の再発行の方法を知りたい方はコチラ。

年金手帳紛失!?慌てないで大丈夫~再発行の方法あります

自分の生年月日を確認できるもの

年金の受給者の生年月日の確認を取るには戸籍謄本、戸籍抄本、戸籍の記載事項証明、住民票、住民票の記載事項証明書などのいずれかが必要です。

しかしマイナンバーに登録をしている単身者の方は年金請求書にマイナンバー記入すれば上記の書類はいりません。

マイナンバーを登録しているか確認したい場合はねんきんネットで調べると簡単に調べる事ができますよ。

国民年金の知識は学校では教えてくれない!

国民年金の知識は学校では教えてくれない!

国民年金についての詳しい情報は学校では教えてくれません。

その為、国民年金について詳しく知らない方も沢山いるようです。

しかし国民年金の情報は知っておかないと損する可能性が高いといえます。

老後の生活を少しでもより良いものにするためにも国民年金についての知識をしっかりと持つようにしましょう。